晴れときどき猫

~ 平成貧脚浪漫譚 ~

ハルヒルの反省会

物にしたいので、自分の駄目だったところを纏めてみた。

・下見
・ボトル×2
スプロケ

ペース配分は分かりきったことなので省き、大きくみるとこの3つになりました。


・コースの下見
榛名山を自転車で登るのは1日通っただけでした。
財力やモチベーションが持つ限り、通い詰めれるのであれば、通いつめた方が記録の短縮に繋がる。

当日は幸いにも地形、特に距離感が頭に残っていたから良かったものの、やはり予習復習やドリルは大切。


・ボトル
この方、中身をどうしようと真剣に悩んだ結果、帰りも自走を考えていた事もありプロテインを入れていた。
これで喉の乾きが拭えなかった。

もうひとつ。
ボトルを落としてしまったので給水する時は走行ラインも気にする事、2度3度確認する事。
端に寄ってても前から来る事もある。

スプロケット
この度、新たに12-25の設定にした訳で有るが、やはり「貧脚」の私には早すぎた。
鳥居を潜って最後の坂登で見事に垂れていたので28は欲しかった模様。


本番は
チェーンリング50-34
スプロケット12-25

練習当時
チェーンリング53
スプロケット11-28から途中12-25に。
で山を登っており過信したのが誤り。
やっぱり、数字ではなく物理的に保険は必要でありました。



でも、クロス等の観点で踏み心地が12-25のがストレス無く使えているので、チェーンリングのバリエーションも・・・と欲が深まる一方なのでした。