晴れときどき猫

~ 平成貧脚浪漫譚 ~

お見舞いに駆けつけるも

G+で知り合った知人が8月の暮れにツーリング中に事故にあってしまったと連絡を知り、本日は仕事上がりにお見舞いに向かった。

それにしても重たい…

f:id:yamahero30:20171008210612j:plain
慌てて見繕ったそれは4kgは有るだろう。

そして、到着するも30分遅く、面会が出来なかった。
外からその病室を眺め、早く良くなるようにと気持ちを送る。

それにしても悔しいものだ。
事故は、本人が交差点を直進中に右折の車が気が付かずに突っ込み絡み合ってしまった。
時間は夕方(?)暗くなり始めに、本人の後ろの車のヘッドライトで姿が眩んでしまったものと推測。

だからと言っても許されるものではない。
一本間違えば、死に至る事故だったのだから。

脚の骨折は長引く様だ。。。


そして、その他のメンバーにもパーツを。
f:id:yamahero30:20171008211209j:plain
f:id:yamahero30:20171008211249j:plain
何故か、入院中のその人にあげるつもりであったDHバーの争奪戦になってしまった。。。

また一緒に走れる様になるその日まで、私も練習しよう。