晴れときどき猫

~ 平成貧脚浪漫譚 ~

気分転換に

f:id:yamahero30:20170907022936j:plain
昨日帰宅中に見付けたにゃんこ。
お堂でくつろいでるところビックリさせてしまった…

さて、今日も仕事が早く終わったので帰宅して着替えたらサイクリングです。
(他にやる事がないとか言わない)

今日は榎本牧場まで。

16:50 閉園間際に到着すると店員のお姉さんに「アイスですか!?」と機嫌良く聞かれて頷くと手招きをして入れてくれました。
どうやら間に合ったようだ。

f:id:yamahero30:20170907023136j:plain
すかさず抹茶下さい!と言うとサクッと出てきました。
実はいつも溶けてしまうのが嫌でカップでお願いしていたのですが、今回はコーンです!

やっぱりこんな雰囲気の中ではコーンのが数倍美味しく感じたとさ。

出発は荒サイへ。
f:id:yamahero30:20170907024330j:plain
いつもの場所に猫は居なかったけどロバがいた。
掘っ立て小屋が無く、寒そうで可哀想になってしまった…

f:id:yamahero30:20170907024834j:plain
えのぼくにはポケモンが出るようだ…

草刈りがされて1ヶ月なのにもう雑草で繁っていたり、昆虫ストライクにあったりしましたが、やはりのびのびと地元を走るのも良いものですね。
安心感と言うか何か癒されるものが有りました。


その後は開閉橋へ向かって走ると丸山公園を過ぎた辺りで塚を発見。
f:id:yamahero30:20170907023535j:plain
小倉塚と言うらしいが、民家の駐車場みたいな所を通らないと行けない。
気にせず入ってみると画像の石碑と小さな祠に石造りの鳥居が出てくる。

こんな民家の裏側にこんなものが…

と鳥居をくぐると急な階段が現れ登る。
登るとまた石碑とお賽銭箱があったのでお賽銭して手を合わせてきました。

この塚は、江戸時代後半から江戸を中心とした地域で造られるようになった塚である。これは当時流行した富士浅間信仰によるもので、富士山参詣が難しい事から、女性や子どもでも簡単に参拝が出来るように、居住地の近くに富士山を模した塚を祀るという趣旨で造られたものである。特に埼玉県東部地方の富士塚では、「初山」と呼ばれる民俗行事と関連がある。この初山行事は、7月1日に生まれて間もない子どもを富士塚にある浅間神社に参拝させ、子どもの健康を祈願するというものである。

との事です。

石碑にも富士登山何とかと掘られて裏には旧字体明治16年寄贈とのこと。

ありがたやぁ、ありがたやぁ…



さて開閉橋でいつものスポットでくつろごうにも
f:id:yamahero30:20170907024232j:plain
しまっていて残念。

仕方がないので市街練習で中仙道をぐるっとまわって帰宅しました。