晴れときどき猫

~ 平成貧脚浪漫譚 ~

お盆だキャノボだ!!と思ったら?

f:id:yamahero30:20170816044944j:plain
12日、深夜食を食べた後は…


金曜日の晩、ショップへ補給食って何があるのだろうと、ふと疑問に思い立ち寄って物色した。
「お盆はまた何処かへ行くの?」と去年と似た様なシチュエーションで店長に声を掛けられて東京大阪か渋峠へ行こうかなと思ってますと伝える。
そう、いよいよだ。
出発は明け方の予定は未定と話して、補給食の他にあれこれと今回もいろいろな話を聞いて勉強した。
「今回は雨だから…」と言われるもこのぐらいのが夏場は良いですよっなんて揚々と返してしまった。
(この後悲劇が起きると知らずに)

f:id:yamahero30:20170816051404j:plain
今回はハンガーノックになってしまった時用にパワーゲル2つ。
相変わらずロングセラーなアミノバイタル
(アミノバイタルってまだあったんだ!?)
後は毎度の事ながらツゥラン。
まぁ、プロでは無いのだから内容は特に気にしない、気にするならカロリーだ。
(と言っても日本国内の規約以内で)


そして気が付いたら中仙道を走っていた。

それも何を土地狂ったのか雨が降っているのに走り、何時もは走らない南へ下っている。

f:id:yamahero30:20170816045624j:plain
簡易雨合羽が駄目になったので、次いでと思い今回は手ぶら。
雨足が強くなったところで雨合羽をコンビニで買う。


深夜1時、日付も変わって土曜日の12日。
北浦和駅近くの松屋でカレー特盛をゆっくり食べる。
ゆっくり食べて一息付くと、店員のおばちゃんに「あら、雨も大分良くなったようよ」と声をかけてもらうと有り難うと返事をして直ぐ様出発した。

f:id:yamahero30:20170816050406j:plain
3:30 東京都 日本橋は日本国道元標に辿り着く。

いよいよだ、1年も長いようであっという間だった。
あれこれと思い出して、ロードを買ったのも昨日のように感じてしまい、自信が無くなる。
緊張感があって、はっきりと不安だと感じるのも大人になってからいつ以来だろうか。
相変わらず大人になっても変わらぬよう様子。
学生時代にも部活で顧問に良く言われたものだ。
ガラスのハートだって。


f:id:yamahero30:20170816050545j:plain
f:id:yamahero30:20170816050614j:plain
f:id:yamahero30:20170816051002j:plain
落ち込んでいる気を紛らわすべく、証拠写真と最後の晩餐を楽しむ。

ここで今回の装備。
f:id:yamahero30:20170816051338j:plain
前回の諏訪湖24時で味をしめたのでウィダーを買い占め。
コンビニの店員さんに青ざめられてしまうも外の自転車を見て何か納得した様子…謎
その他は羊羮2つにウィダーのゼリー2つ、ショップで買ったものを持った。

f:id:yamahero30:20170816050545j:plain
車載はジャージに補給食、トップチューブバックに補給食とモバイルバッテリー、下にモバイルバッテリー、ボトル2つ、ツールケースにチューブ2つ。

難点があるとしたらホイールでスポークのテンションが相変わらずな事。
今回も急遽な盆休みでサクッと見繕った。

ナビはスマホでルートを確認する。
難点は東京―大阪間が遠いため、自転車を指定すると3度に分けなければいけない事。
普段なら物理メモを用意するのだが、生憎にも雨。
スマホも暴走するので、切り替える場所を頭の中に確りと記憶した。

また、物は試しでその場でガーミンにナビをひかせてみる。
やはり事前にルートを作成しないと使い物にならなかった。

そうこうしていると4時、出発。

1号をさらっと走ったら246を箱根まで走る。
1号に比べアップダウンが多いが仕方ない。
下りで稼ぎたいも雨で怖くて速度を出せない。
雨で視界の悪くなった車も突っ込んでくる。

よりによって、今日はなんて日だ。

そして世田谷まではあっという間だった。
左に行くと等々力、何故か印象に残っている交差点。
この先は高架なので側道かぁ、なんて考えていると


バンッシュッシュッシュッシュッシュッ…


何事かと思い、停まってリアタイヤを見るとパンクだった。
あまりにも大きい音でシュッシュッシュッとそれはとても良いリズムで鳴るので最初はホイール辺りが歪んだか!?と心配したが、なんだパンクか。


なんて日だ!!



脇のマンションの入り口で雨宿りしながら、外したホイールを調べる。
タイヤには3mm程の切れ込み。
あぁ、何か踏んだな…

外周をサッと掃除してタイヤを外して裏を見る。
何度見ても裏側にも切れ込みがある。

もう一度言おう。


なんて日だ!!


ツールケースからアロンアルファXウルトラワイドを取り出して一先ず切れた所に塗り込む。
直ぐに乾く訳がないので、情報を整理する。
ガーミンでは国道元標から約17kmと表示していた。
大阪の梅田までは残り520kmくらいはある。
いろいろと考え、頭をひと掻きしてタバコに火を灯した。
意外にも湿気っていても直ぐに火が付く。
最初に吐いた煙に、全てを吐いた時だった。


キャノボ DNF


30分経っても、この湿気った気温23度ではアロンアルファXウルトラワイドは接着するはずもなく、渋々とチューブ交換を始める。
接着できていない面はどうしよう、ふと考えているとあれを思い出した。
財布から一万円を取り出して細長く折り、レシートでくるむとタイヤとチューブの合間に挟んだ。
都市伝説だと思うが、丁度良い実験になる。
物は例えで車でタイミングベルトが切れた時にストッキングで代用するような感じかな?等と独り苦笑いして来た道を戻る。
乗り心地はボコボコする。
そして出番が来ないで終わった補給食は只のウエイトでしたとさ。



去年は走りきっても、今年は出来なかった。
前回の諏訪湖24時で充分だろと言われるかもしれないが、これはこれ。
今年の下半期とロード2年目の幕開けとしては、さい先良くないのでまた時間が出来たときに何かでリベンジしたいところだ。