晴れときどき猫

~ 中仙道に住むとある貧脚の放浪記 ~

選ばれたのはサンツアーでした。

中古でパーツを買うのだから、どうせならと手を出したサンツアー。
意外にも悪くないです。
気に入ったパーツはヘッド、シートポスト、クランク、RDでした。
ベアリング関係はとても面白いです。
ハブは残念ながら流用には(主にスプロケ)難が付くので現在試行錯誤していますが、上記のパーツは現在取り付けてサイクリングへ向っています。
f:id:yamahero30:20170527030058j:plain

RDに至っては、元祖スラントパンタでやはり良い動き。
残念な事と言えばプーリーの在庫と、11s化に伴う互換でプーリーから外れてしまう事がごく稀に。
今回蔵出ししたのはα-5000
ネットで調べると直ぐに出るチェーンの互換ですが、8sが良いとの事でまずは使いました。
隅々まで観察するも、動作環境は良好でした。
どちらかと言えば6sのが良さそうな気もしますが、まず安心して使えそうです。

次いで現在の仕様の10sのチェーン。
こちらも問題なく使えています。
が、やはりRDのケージ内で1度だけ落ちた事がありました。
(チェーンの駒を摘めて解消?)
暫く乗って、この誤魔化しでダメならケージを移植してみます。

まだ不具合は出ていないけど、アウターのチェーンリングの合間に落っこちてしまったりして。

そのクランク側は当初シマノの軸長112mm前後を使用していましたが、Qファクターが開きすぎていて普通に漕ぐのが疲れたので、4種類ほど試してスギノの109mmに落ち着きました。

そんな古いパーツたち。
着飾らないで言うならば、疲れるの一言につきます。
ですが、いじって楽しい、乗って楽しい。
そう、やめられない、止まらない。