晴れときどき猫

~ 平成街道貧脚浪漫譚 ~

平たいペダル族

f:id:yamahero30:20170219221650j:plain
購入を決めて引き取りの日にちを決めた。
手間もかかるしと1週間後と決め、のびのびと過ごしているとその週のうちに店長から「出来上がったから取りに来てね」とメールが届く。
予想よりも早かった。

仕事上がりにまたあのショップへ向かう。
ここのところ、何かと自転車で生活が回っている。
通勤で自転車を使っているので変わらないのだが、去年の仕事尽くしの自分からしたらまず想像もできないだろう。

店に到着すると待っていたかのように声を掛けられた。
これだよと案内されて覗くと、周囲を工具やパーツで埋め尽くされた真ん中にそれはあった。
これが私の自転車になるのだ。
いや、本当に私の物なのかとその時も混乱していた。
憧れの自転車が地元でそれもトントン拍子で手に入る。
それは夢のようだった。

「ペダルは持ってきて貰ったの付けたけど、ホントはクリート使った方が楽だよ」
なんて言われてまた悩むも予算がなかったので、しばらくは平ペで先送りにした。

「さて、バーテープなんだけど、跨いでみて手の位置を確認したいから乗ってみて」
と言われてヒョイッと固定ローラーに接続される。
こんなどぎまぎした感触でポジションなんて出るのだろうか。
そう思って跨ぐも、やはり緊張してポジションなんて掴めなかった。

数えて10漕ぎもしなかったと思う。
シートはこのままで少しだけシャクってと告げると、店長も呆気に取られたようだった。
サクッと直してもらい、いよいよテープを巻いて貰う。
「ホントにこれでいいの?」
と、赤いバーテープを手に取り確認する店長。
はいっと気持ち良く伝える。
(店長もこの組み合わせはマクドナルドだろうと思っていたと思うが、その時の私はパンターニだったのだ)

さて出来上がって試走するのだが、やはり感動のが勝っていてフィーリングなんて分かったもんじゃなかった。
だけど、これだけは言える。
軽い、機敏で踏めば踏むだけ前に進む。
何より楽しかった。
これは、病み付きになりそうだ。
店長も言っていた。

ロードは道があれば、何処でも何処までも行きたくなるよって。

広告を非表示にする