読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき猫

~ 中仙道に住むとある貧脚の放浪記 ~

千葉縦断+湾いち

f:id:yamahero30:20170205205721j:plain
関東最南端を目指す。
年明けランに続いて1月2日に行おうと思ったものの、
箱根駅伝の影響を受けそうなので、3日にした。

今回は動機もあって、
父親の糖尿、同市内の古い絵描き仲間の病、
 G+で知り合った知り合いの病が治るように
・隧道・ダム巡り
・何より千葉最南端で日の出を見たい
サザエさんではないが、三本だてである。
何より、まず願掛けが心を駆り立てた。

そして、相変わらず替えのチューブは無い。
だけども年越しランに比べ、何故か確信はあった。
当日はグダグダとしていたので、出発時刻が遅れた。

PM21:20 自宅を出発する。
寒さにも慣れたようで快調。
今回は中仙道を使わず産業道路から南下する。
川口を越えたら荒サイを掠め、首都高の下を走り国道16号
館山までほぼ湾いちのルートだ。
ナビで日本を逆さにして見るのは新鮮だった。
千葉県に入り空を見ると雲が多く、日の出を見るにはやや難色。
f:id:yamahero30:20170129164117j:plain
木更津に入った所で、気温は2℃をマークしていた。
途中で15分の休憩と、お腹が空いたので20分休憩カップ麺とお握り食べ、127号で南下して某フェリー乗り場手前の光る苔でまた小休憩した。
そして、隧道巡りもスタートする。
フェリー乗り場までの2ヵ所は湾いちでも馴染み深いだろう。
早朝のフェリーはイカ釣り漁船のようだった。
更に南下して、そして本日の沿岸部で目当ての隧道を目の当たりにする。
これは凄い。
f:id:yamahero30:20170202122156j:plain
大型は通れないだろう。。。
(まだ他にも最小の隧道や白浜を越えればお膳転がしも有るが、それはまた次回の楽しみに)

更に南下するが、館山で2回ほど道を間違えて、迂回や引き返したりする。
時刻は6:20、体の様子も見てコンビニでまた10分ほど休憩する。
これはギリギリか間に合わないだろうと悟るが、脚も少し休まればとラストスパートだ。
県道86号を走る。

6:50
山を越えて、無事に野島崎(白浜)へ到着する。
f:id:yamahero30:20170202122757j:plain
間に合った。
雲がある分、日の出は遅く…これはラッキーだ。
f:id:yamahero30:20170202123257j:plain
落ち着いたところで、忘れず願掛けもする。
お腹が空いたところで410号を西へ走りコンビニで済ます。
野島崎の散策と合わせて計70分の休憩。
来る途中に二人のロードとすれ違い挨拶。
今日ここにきて、初めて出くわしたので嬉しかった。

濃溝の滝へ向けて、県道86号を走る。
410号に入り、石堂寺を過ぎると、ダムがナビ上に現れた。
安房中央ダムと言うらしい。
少し探索してみようと向かうと、入り口で通行止めになっていた。
代わりに隣のトンネルが通行できるようで、引き返すのも勿体無いので潜る。
抜けると景色は一気に変わり林道のようになる。

途中でトンネル続きになっている2つの橋を渡り、元の道410号へ戻った。

途中でトイレ休憩をして、このままでは少しつまらないと思い、鴨川有料道路の手前で曲がる。
鴨川市清掃センターに到着して一息つく。

向かおうとするのは柚ノ木林道。
またちょっとした隧道を見に来たのだ。

入ったら途中で右に折れ、君津香木原CCへ向かう。
少し走り隧道まで残り500mの所で難題に出会った。
f:id:yamahero30:20170202162439j:plain
軽い土砂崩れと倒木で、立ち往生した。
道幅は1.6m前後、左側は20m程の絶壁で落ちたら這い上がるのが大変だろう。
自転車を押して通れそうだが、SPD-SLシューズで足を滑らせたら…
いろんな事が頭を横切り、厳しいと判断して渋々来た道を戻る。
鴨川有料道路ではサルの群れが道路端の木に沢山いた。
こんなところにまで降りてくるのかと関心した。

12:30
濃講の滝に到着した。
駐車場は既に満車だが、自転車の人は私と丁度入ってきたミニベロの人だけだった。
f:id:yamahero30:20170202161717j:plain
相変わらずこの場所だけ時間が別の様だった。
昔に比べ観光客が多くなっていたのでまったりとはできなかった。
そして、ジェラートを食べに隣の道の駅へ向かうが、ミニベロの人とタイミングがばったりで、ろくに会釈もなく気まずかったので、そのままダムカードを手に入れる為に、北上した。

13:20
ナビがずれた場所を示し、少し手こずるも亀山・片倉ダム管理所へ到着。
f:id:yamahero30:20170202170115j:plain
無事に3枚をゲット。

14:25
君津市に入り、24号線を少しずれて隧道を堪能。
f:id:yamahero30:20170202174323j:plain
f:id:yamahero30:20170202171917j:plain
1枚目の隧道は炭鉱の中にいるようで、声が反響したりして楽しかった。

14:45
そして、172号に入る手前で集団とすれ違いがぜん元気が出た。
その直後、無人駅の月崎駅へ到着。
f:id:yamahero30:20170205182407j:plain
向かいの売店でパンを買うと、うっかり売店のおばちゃんと長話をしてしまう。
いや、いろいろ聞けて楽しかった。
だが、肝心の動物出没情報を聞きそびれる。

15:10
本日の隧道巡りのメインディッシュ。
f:id:yamahero30:20170205182835j:plain
永昌寺トンネル。
f:id:yamahero30:20170205183036j:plain
f:id:yamahero30:20170205183527j:plain
f:id:yamahero30:20170205183619j:plain
いやこれは凄い。
大昔では当たり前であった手彫りのトンネルも現代人として、こうして見るとそれは芸術品に思えた。
去年見た中尊寺の遺産共々、昔の人は偉大だ。。。

トンネルを抜けると直ぐに小湊鉄道と対面する。
f:id:yamahero30:20170205184017j:plain
見える隧道は月崎トンネルだろうか?

写真を撮り終え、走り出すと丘に差し掛かり、ちょっとした林道になる。
林の中なので薄気味も悪い。
そして、またサルの群れとばったり遭遇する。
今回は状況が凄く、道をジャックしている。
落ちているのは糞やおしっこであろう。。。
猿は姿を見ると慌てて逃げ出した。

改めて房総半島に感心するが、この地の猿の生体に付いては調べておらず、ボス猿がいたら…とか勝手に想像しこちらも慌てて自転車をこぐ。

そして、二つ目の隧道へ辿り着く。
f:id:yamahero30:20170205184751j:plain
名前は失念した。
後ろで猿が様子を伺っていたので、写真を撮ると直ぐに出発。
通りがけに壁面も観察するとだいぶ滑らかに削れているので、近年に新たに改修されたのだろうと思った。

潜って三つ目の隧道。
f:id:yamahero30:20170205185043j:plain
永昌寺隧道に続いて、柿本第一隧道と標識もあった。
こちらは永昌寺隧道に比べて高さがあり解放感がある。
f:id:yamahero30:20170205185551j:plain
そして申し訳ない程度に両サイドにポストコーンが設置。
https://twitter.com/yamahero30/status/828182861752606720
動画

この道を100mも進むと民家が現れた。
…こんな直ぐ近くに人がいるのに何をビビっていたのだろうか。
そのまま道を進んでいくのだがショートカットをした矢先、またしても林道に入ってしまう。
そして気が付けばシクロクロスの様な路面に焦る。
もう少しで出口だ、そう思って安心していると勾配20%は有るような下り坂に差し掛かった。
勿論路面は悪い。
仕方なく、降りて下った。

15:50
高滝ダムへ到着。
f:id:yamahero30:20170205191334j:plain
受け取りの際にどちらからお越しですか?と訪ねられたので埼玉ですと答えると、ギョッとされた。
自転車であちこち走り回って半年、もう慣れたリアクションである。
f:id:yamahero30:20170205191522j:plain
本日のダムカードは4枚。

荒れ地を走ったので車体を見回す。
f:id:yamahero30:20170205192043j:plain
f:id:yamahero30:20170205192537j:plain
カペルのツールケースも枝などが刺さってボロボロになっていた。

さぁ、ここから折り返して湾いちルートへひた走る。
月崎駅まで先程の隧道探検ルートより1つ横の県道81号を普通に走る。
そして月崎駅で汽笛がしたので…
f:id:yamahero30:20170205193314j:plain
やっと対面できた。
93号に入り、埼玉でも良く有るような峠道となる。465に入る頃には真っ暗になっていた。
平田、九十九トンネルを潜るとあと少しで沿岸に出る。

18:25
フェリー乗り場に到着するが
f:id:yamahero30:20170205194622j:plain
行ってしまった(笑)
と言うのは冗談で、本当は係員さんに乗る?と言われて断った。
出発目前の船に切符も買ってない状態で、駆け込むのは気が引けた。
それにしても、フェリー乗り場の係員さんの丁寧な対応に感激した。

19:30のが最終便で、余裕を持って間に合った。
お腹が空いているものの、乗り場はこぞって閉店。
フェリーでカレーパンを食べてしのいだ。

20:10に久里浜を出発。
いつもなら直ぐに左へ折れるのだが、今日はそのまま直進して、沿岸部の道を通った。
そして、早速隧道を堪能する(現代のトンネルなのでどちらかと言うとイメージは心霊スポットの方)

その後は風が出て来て、やや向かい風に苦しめられるものの。
21:50にやっと晩御飯にありつく。
f:id:yamahero30:20170205200754j:plain
日高屋だけどな‼
店員さんに無理を承知で麺大盛2つできるか試してもらったものの、普通に大盛1つしか対応ができなかった。
(忙しい中、対応有り難う御座いました)

一息付いたところで出発、都心になるにつれて風は弱まり、見慣れた摩天楼の景色に心が癒される。
f:id:yamahero30:20170205201404j:plain
久々に歌舞伎座を通ったけど、夜は綺麗だった。

日付は変わり5日、0:50
f:id:yamahero30:20170205201909j:plain
像「また来たのか」
またしてもあの場所である。
今年はこのマスコットに度々会いにきそう。

その後は目的を達成した為か、気が抜けてペースダウンしてしまう。
日本橋から自宅までの距離は40㌔弱なのにも関わらず、明け方の5時に帰宅する。
その後のみれは屍のごとく眠りについたそうな。

今回も良い長旅でした。
f:id:yamahero30:20170205205813j:plain
出来上がったメビウスの輪

1月3日~5日
PM21:20自宅発
隧道10つ(?)
野島崎(白浜)
安房中央ダム
袖ノ木林道―香木原CC
(隧道手前で土砂崩、引き返し鴨川有料道路へ)
濃溝の滝
千葉県亀山・片倉ダム管理所
隧道2つ
月沢駅
隧道3つ
高滝ダム
金谷・久里浜フェリー
隧道4つ(?)
(24時間時点で347km走破)
国道1号国道元
AM5:00自宅
走行距離435km、獲得標高4,416
連続稼働時間32時間(起きてからは38時間)

広告を非表示にする