晴れときどき猫

~ 中仙道に住むとある貧脚の放浪記 ~

埼玉グランフォンド?

f:id:yamahero30:20170205210313j:plain
今回は初の峠連発。はたして…

先日の長距離ランの余韻に浸っていると、G+でお世話になっているiさんに「土曜日に走りいかない?」と嬉しいお誘いを受け、走りに行ってきた。
勿論、替えのチューブは無い。

当日は7時頃に荒川の上江橋で待ち合わせ。
f:id:yamahero30:20170205210639j:plain
本日も絶好のサイクリング日和。
10分前に着いて余裕を持っていると、ここは開平橋と入間大橋の間で有ることに気が付く。
(いつも寝起きはボケている…)

慌てて荒サイを南下して上江橋へ向かう最中にiさんと遭遇する。
お互いに「おぉぉぉ」と言いながら。

無事に出発しながら今回のルートをお復習する。
このままおっぺがわルートで北上して、小川町のパン屋で朝ごはん。
二本木峠を登って定峰峠を登り堂平山展望台。
白石峠を下り、松郷峠を通って遅めのお昼。
体の調子を見てりんこう(漢字が出なかった)すると言うことらしい。

おっぺを越えてトイレ休憩。
f:id:yamahero30:20170205222924j:plain
2台並ぶとカッコいい。

先ずは目的のパン屋さんまでひた走る。
f:id:yamahero30:20170205212147j:plain
それにしても、平地巡航速いよぉおおお。
普通に30km出てた。
(普段走る時26kmな私)

途中で個人的におおっとなる標識を発見。
f:id:yamahero30:20170205213453j:plain
これがここに有ると言うことは、これは文化伝播の道として、武士や庶民が往来した鎌倉街道上道になる。
私の家の前の鎌倉街道は羽根倉街道(連絡道)にあたるから、これに繋がってると思うと、なんだかロマンチック。

因みに、鎌倉街道というのは江戸時代の呼称。
中世では大道と呼ばれていた。
それらの道は戦国時代において後北条氏が領国に整備した伝馬制により、中心的な道としての機能を終えている。

そして目当ての朝ごはん‼
f:id:yamahero30:20170205212401j:plain
見事に正月休みでした(。´Д⊂)
f:id:yamahero30:20170205212524j:plain
悪あがきに来た記念で撮影。

仕方がないので二件目へ。
f:id:yamahero30:20170205212621j:plain
見事に正月休みでした_:(´ཀ`」 ∠):
私もまだまだ未熟なソロライダーなので、この辺の情報も収集出来るように頑張りたい所。

仕方がなく、小川町駅へ向かうと目ぼしい物が目に入ってきました。
f:id:yamahero30:20170205212844j:plain
その名も「あけぼの」
世間は正月だと言うのに仕事熱心な亭主様に頭が上がりません。
f:id:yamahero30:20170205213021j:plain
おすすめは鶏の巻物らしいが、私は甘くて腹持ちの良い団子ずくし。
団子は鴬が美味しかった⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

待ったりとしていると時刻は10時。
何やら押している様なので出発。
裏道を走っているとたぬきさんがひかれて横たわっていました。
11:00に二本木峠入り口に入り記念撮影したのち、アタック。
途中で農作業をしているお婆ちゃんにあらあら大変ねと言う顔をされるも、登る。
途中で撮影をして待っていると、iさんに気にしないで自分のペースで登ってね‼と激を入れられて焦る。
焦ってペダルに力を入れると、コロンっと後ろにひっくり返ってしまった。
いかんせん恥ずかしいが、それにしても綺麗に後ろにひっくり返ったものだ。
そして、ロードで初めての落車である。

f:id:yamahero30:20170205214227j:plain
まったり登りながら到着。
このフレームで初めて感触をみた峠道。
デダチャイのフレームは結構しなって登りやすいかも。
コルナゴのアルミの時はペダリングや体の力加減でコントロールしてたけど。。

ひと休憩したら定峰へ向かう。
入り口に到着したらトイレ休憩。
そして、今日初めてサイクリストさんとすれ違う。
やはり定番な峠なだけあり、そこそこ遭遇する。
f:id:yamahero30:20170205214824j:plain
定峰を攻略し、休憩がてらステッカーを購入。

次は堂平山展望台。白石峠との分岐点で撮影やってました。
なんのだろう。
f:id:yamahero30:20170205215339j:plain
到着、のち無事に死亡。
そして展望台の景色は相変わらず開放的で登った疲れを忘れさせてくれる。
f:id:yamahero30:20170205215059j:plain
f:id:yamahero30:20170205215146j:plain

ここからときがわベースまで下る一方なので気分は晴れやか。
f:id:yamahero30:20170205220735j:plain
白石峠を下った所で撮影。

ときがわベースで暖を取り小休憩。
f:id:yamahero30:20170205223127j:plain
それにしても、この建物は昔はコンビニで閉店してから10年近く放置されてたのに、こうして復活するだなんて思ってもいなかった。
良い再利用方法だ。
そして、ときがわベースの脇の道を登った先で右に折れ松郷峠へ。
地元の奥さんと挨拶をした後だった。
30m先を左から右へと大きな黒い塊が横切ったのだった。
お互いに「えぇ!!?」と声をあげるも、黒い塊は姿を消した。
恐らく猪と思われるが体長1mはあったと思われるそれは背筋をゾッとさせた。
f:id:yamahero30:20170205223658j:plain
到着したら決まって撮影。
下る途中で道を間違えてもと来た道へ戻ってしまうも、そのまま進み表の県道へ出る。

そして、待ちに待った昼御飯。
古民家のほであるが、無事に正月休みでした_:(´ཀ`」 ∠):
お互いにでたほっは溜め息のほっだった。
進みながら店を探すものの、休業日の札ばかり。
仕方がなく、名物おからの店で休憩。
トイレから帰るとiさんが何やら美味しそうなものをほうばっていたので思わず買ってしまう。
f:id:yamahero30:20170205224950j:plain
安納芋の焼き芋だ。
売り主いわく、不味かったら金返すよ‼と言われたけど、とろけるような甘さでドンドン胃に進んでいった。

付近を探索すると目の前の食事所がやっていたようだが、時間が丁度閉店の時間。
やむなく走る。
気が付くと本日最後の登りで物見山まで来ていた。
お互いに昼御飯が食べれなかった八つ当たりをペダルに込めて登る。
f:id:yamahero30:20170205225348j:plain
登ると決まって撮影。
振り替えると店があり、営業していた。
f:id:yamahero30:20170205225619j:plain
どうしよう、と悩むも地元の方まで帰らないとそれなりに店は無さそうなのでのれんを潜った。
iさんは意外にもセットを頼み、私は山菜そばの大盛を頼んだ。
f:id:yamahero30:20170205225827j:plain
柚子の香りに何故か懐かしさを感じた。

食べ終えてホッとしていると、会社から電話が掛かってきたが、一通り用件を聞いて折り返す事にした。
一息付いたところで出発。
おっぺまで来ると、後は来た道を戻るだけだった。
それにしてもiさん、体の調子を見て輪行すると言ってたが、快調に飛ばしていたので驚いた。
意外にも早く入間大橋まで付いた。
ここでiさんと別れる。
後は慣れた道をひたすら走るだけだ。
途中でコンビニで休憩がてら、会社に電話を掛けて打ち合うが、用件を終えた所で電池が無くなる。
ストラーヴァの記録もここまでとなった。
年を通せば繁忙期の最中、年明け早々出番が来たようだ。

その前に通い付けのショップへ寄る。
営業していたので店長に挨拶をしてチューブを購入。
やっと買えたチューブ、大事に使おう。


iさん、有り難う御座いました‼
今回も良い長旅でした。
f:id:yamahero30:20170205230853j:plain
走行距離:160km強
獲得標高:2000m